将来的に安定した収入を得たいならマンション賃貸経営を行なおう

優良な中古物件を買おう

マンション模型

マンション投資をする際に気を付けなければならないことは、マンションは年々劣化していくものということです。マンション投資では利回りが重要なポイントとなっていますが、その利回りを計算する際の基礎となる価格は購入金額となっています。しかし、マンションの劣化が進めば、購入金額と同じ価値が維持されません。1000万円で買った中古ワンルームマンションが、10年後には700万円の価値しかなくなってしまったということは当たり前のようにあります。利回りで安定収入を得るためにマンション投資を始めたはずが、売却時に購入価格以上で売れなければ、利回りは想定通りには確保できておらず、ケースによっては利回りがマイナスになることもあります。

しかし、マンションの価値は劣化の度合いだけでは決まりません。エリアや利便性、環境なども影響します。これらの要素は劣化して価値が減少した分をカバーしてくれることもあります。つまり、マンション投資において成功したければ、物件の選択が非常に重要になるということです。新築のマンションを買ってさえいれば問題ないと考えているのであれば、その考えを改めましょう。築年数以外の要素があまりよくなければ、マンションの劣化とともに急速に資産価値が落ちていきます。マンションの中には、新築の時よりも取引価格が上がっていたり、築年数が数十年もたっているのに、取引価格がほとんど変わらないような物件もあります。このようなマンションには、建物そのもの以外の魅力が詰まっているのです。